農作業事故

今年5月農林水産委員会において農作業中の事故に関して是非対策を練って欲しいとの質問をしました。

これを受けて農林水産省は、今後の政策に活かすため高齢農家やJA関係者らを集めた初の座談会を開催しました。

7月11日付け日本農業新聞と上毛新聞に記事が載りましたので紹介します。

https://www.dropbox.com/s/yi13c99caq9f2dh/%E8%BE%B2%E4%BD%9C%E6%A5%AD%E4%BA%8B%E6%95%85%E5%AF%BE%E7%AD%96%E8%A8%98%E4%BA%8B170712.pdf?dl=0

なお委員会の質問は下記に掲載します。

 

農機具の安全対策がおろそかになっていないか大変重要な問題と考えております。

今後とも事故防止対策を始め農林水産業の発展の為に尽力して参ります。

笹川博義

--------------------------------------

5月17日農林水産委員会での質問
農作業時における死亡事故に関する部分(抜粋)

 

【笹川博義】
農作業の死亡事故の現況についてであります。

実は自分の選挙区で大変お世話になった方が死亡事故ということで亡くなられてしまいまして、御家族の方から非常に悲しい思いを寄せられました。

この点につきましても、データを見ると、残念ながら、農水省さんの今までの取り組みは何だったのかなというような指摘をされてもいたし方がないという状況が続いていることはあります。

それについてでございますが、特に労災について、一番なのは、やはりなれなんですね。これは製造現場でもそうです。なれから生じた一瞬のすき、油断、ここから重大な事故に派生することが間々あります。

そういう意味において、農作業、いわゆる農機具、これについては、例えば一年に数度しか使わないとか、年齢がいけば、残念ながら肉体的な衰えもあります。しかし、それを自覚するかどうかが実は問題でありまして、そういう点について、やはりまだまだ、高齢者、これは実は農業においては非常に貴重な担い手であって、同時にまた、農業のすばらしいところは、生涯現役、このことも体現をしているわけでありますから、しかし、この対策がまだまだ後手だということがちょっと遺憾だというふうに思いますので、今後、この高齢者に対しての対策をどのように考えていったらいいのか。

もう一つは、安全対策が未装備な旧型の農機具なんですよ。これについてどう対処していくのか、対応していくのかということが大切だと思いますので、その点についての御所見をお聞かせいただきたいと思います。

 

【枝元政府参考人】

お答え申し上げます。

今お話ございましたとおり、農業での死亡事故は近年三百五十件程度ということで、この状況が続いてございます。特に、平成二十七年は三百三十八件でございましたけれども、このうち六十五歳以上が八四%、八十歳以上が四七%ということで、やはり高齢農業者の割合は極めて高い状況となっております。

私どもといたしましても、労働安全衛生の専門家を交えた事故情報の分析ですとか、機械の安全装置の改良、実用化の促進ですとか、警察庁と連携をいたしました事故防止の啓発促進、あと、厚生労働省ですとか関係団体とも連携しまして、農業者個人でも加入できる労災保険特別加入制度の周知、加入促進等に取り組んできているところでございます。

今御指摘ございましたように、高齢者のお話、あと、機械の話は非常に重要でございます。

事故情報の収集、分析はこれまでやってきておりますけれども、今回、調査様式も改定いたしまして、さまざまな情報がとれるように強化したいというふうに考えております。これらの情報を農業機械メーカーに提供いたしまして、安全設計を一層促していきたい。また、高齢農業者を初め農業者の安全意識の向上を図っていくというために、これらの分析結果も活用したチラシの作成等、啓発活動を強化していきたいということで、関係省庁、団体と連携して取り組みをさらに強化していきたいというふうに思っております。

なかなか、旧型の機械をどうするかというのは、啓発のところまでしかまだ思い至っておりませんけれども、これからまたいろいろ検討していきたいと思います。

 

【笹川博義】

もう時間が参りました。二点だけお願いします。

対策は結果でありますので、しっかり結果を出すように努めてもらいたいということと、それから、対策を練るに当たっては、高齢者目線、現場の目線、このことを大切にして対策をぜひ練っていただきたい。このことを強く要望して、質問を終わらせていただきます。ありがとうございました。


障がい者権利条約

水曜日  13時半より国連障がい者の権利条約推進議員連盟総会を、 各団体関係者の皆さんにもご出席いただいた上で 開催を致しました  高村正彦会長(元外相)の挨拶後、内閣府、外務省より 政府の取り組み等の説明を受けました。 その後、国連障がい者推進委員会委員選挙に当選しました 石川准(ジュン)内閣府障がい者政策委員会委員長より 国連障がい者権利委員会について報告を受けました。 石川さんは16歳の時に網膜剥離の為失明し全盲となる。 しかし努力を積み重ね1977年点字試験による初の東大合格者となる。 障がい者福祉政策の展開に尽力をしておられます・・・

それでは

 


第一委員室

本日「天皇の退位等に関する皇室典範特例法案」の案件を審議しました。

自民党は少数政党(自由・社民)にも配慮し自民党議席を少数政党に差し替えを行う。

 

 

予算委員会を開くことで皆さん見慣れた衆議院第一委員室もご覧の通り配置換えを行うなど雰囲気も一変です。

 

報道カメラマンからは初めてみる面白いアレンジだが質問者の顔が横顔だけになってしまう等の声が

 

委員長席の後ろに正副議長の席が設けられた。

 

 

予算委員会のアレンジ(2016.2.3)

TPP特委のアレンジ(予算委員会と同じです)2016/4/19

 

 

今日の採決(衆議院TVより)


国会質問

水曜日 農林水産委員会で質問にたちました。

 

山本農林水産大臣に対して

1.鳥獣駆除費(補助金)不正受給について

2.外国人労働者と農業について

3.農作業時における死亡事故の現況について

質問しました。

 

下記サイトで動画が視聴できます

http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php

画面の下の方に

条件検索がありますので、発言者名枠に笹川博義と入れて検索ボタンを押して下さい。

 

 

 


憲法施行70年

水曜日

復興相辞任を受けて国会は空転。

そのような中

「日本国憲法施行七十周年記念式典」「植樹」

執り行われました。

陽気も良く国会空転の状況を感じさせない和やかな雰囲気でした(苦笑)

植樹された木はヤマザクラ。

ちなみに10年前の60周年の植樹の時も安倍総理でした。

 


拉致対策特別委員会

月曜日 午前中の厚生保護サポートセンター視察と保護士会の皆さんとの意見交換会終了後

直ちに上京し午後から北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会に出席。

国会対策副委員長として拉致問題の委員会の担当も務めています。

 

 

 


テロ等準備罪

テロ等準備罪比較

平成18年民主党修正案と今回の平成29年政府案との比較です。

 

テロ等準備罪比較            
        平成18年民主党修正案とテロ等準備罪の比較    
            
         平成17年政府原案  ⇒ 平成18年民主党修正案  ⇒平成29年政府原案 組織犯罪処罰法改正案 (テロ等準備罪)
適用対象団体  「団体」          「組織的犯罪集団」       「組織的犯罪集団」
対象犯罪       長期4年以上の罪      長期5年を超える罪       長期4年以上の罪
対象犯罪数      619           306             277
国際性の要件     なし            性質上国際的な犯罪       なし
合意        「共謀」          「共謀」            「共謀」
推進行為       なし            予備的にいう予備行為      実行準備行為

 

 法案の正式名称

<組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律等の一部を改正する法律案(内閣提出第六四号)>

 


ミサイル発射抗議決議

今日の本会議冒頭緊急動議を提出しました。

動議内容及び決議案は下記の通りです。

 

笹川博義:「議長!」

大島議長:「笹川博義君」

 

笹川博義:「議事日程追加の緊急動議を提出します。

佐藤勉君他14名提出、

「北朝鮮によるミサイル発射に抗議する決議案」は、提出者の要求通り、

委員会の審査を省略して これを上程し、

その審議を進められることを 望みます。」

 

<衆議院TVより>

 

 

 

 

 


29年度予算案衆議院通過

平成29年度予算が衆議院で可決されました。
今日は他の法案採決もあった為動議が3回ありました。

議長とのやり取り、発言は下記の通りです。
議長に呼びかけるときと、動議の最後をのばすのが特徴です。
これは慣例です。
------------------
<動議1>
笹川:議長(議長おーーーーーーーーーー)
議長:笹川博義君
笹川:議案上程に関する緊急動議を提出いたします。
平成二十九年度一般会計予算、
平成二十九年度特別会計予算、
平成二十九年度政府関係機関予算、
右三案を 一括議題とし、
委員長の報告を求め、
その審議を進められることを望みます。(望みまーーーーーーーーーーす)

<動議2>
笹川:議長
議長:笹川博義君
笹川:議案上程に関する緊急動議を提出いたします。
内閣提出、
地方税法 及び 航空機燃料譲与税法の
一部を改正する法律案、
地方交付税法等の一部を改正する法律案、
右両案を 一括議題とし、
委員長の報告を求め、
その審議を進められることを望みます。

<動議3>
笹川:議長
議長:笹川博義君
笹川:議案上程に関する緊急動議を提出いたします。
内閣提出
所得税法等の一部を改正する等の法律案
を議題とし、
委員長の報告を求め、
その審議を進められることを望みます。


国会土産新製品

国会みやげに新製品登場です

 



calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM