尾瀬サミット2018・・・

月曜日 朝 板倉東洋大前駅〜会津高原尾瀬口駅〜沼山峠〜雨中行軍をしサミット会場でもある尾瀬沼ヒュッテへ 16時から尾瀬沼ヒュッテの隣にあります尾瀬沼ビジターセンターにおいてスライドレクチャーが開かれる (演題は「第4次尾瀬総合学術調査概況と尾瀬生態系総合的保全への課題」講師は尾瀬保護財団理事・第4次尾瀬総合学術調査団長・名古屋大学名誉教授坂本 充先生)・・・夜は結構冷えました・・・

 

 

火曜日 8時〜自然観察会(地元認定ガイドさんよりとても丁寧な説明を受ける 三県知事と同じ班 さすがに朝は涼しかった) 9時半〜「尾瀬サミット2018」開会 参加された尾瀬保護財団理事・評議員各位から意見・要望などが述べられた それを受けて大沢群馬県知事(同財団理事長)・内堀福島県知事(副理事長)・花角新潟県知事(副理事長)よりまとめなどの発言がなされ その後福島県立福島工業山岳部より意見発表が行われる(自然観察会も一緒だった健脚三人衆 しっかりとした発表でした 大拍手)などが行われ11時半に閉会〜解散となる 環境省チームはサミット会場を正午前に出発 一ノ瀬(大清水)に向かう・・・

 

 

昨年尾瀬国立公園は10周年を迎えました この節目の機会を捉え尾瀬の将来像を描いた「尾瀬ビジョン」改定作業に入りサミット前に開かれた尾瀬国立公園協議会総会において「新尾瀬ビジョン」が決定されました 環境省「新尾瀬ビジョン」実現に向けて全力投球であります・・・

それでは

 


関連する記事

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM