浮上した・・・

金曜日 この日内閣委員会が開かれ黒川東京高検検事長賭け麻雀報道などについて質疑が行なわれ一応質疑時間終了となる 黒川東京高検検事長が今回の不祥事の責任をとって辞任は当然の事 しかし何故に懲戒処分でなかったのか法務省は多くの納得が得られる答えが出来るのか 官邸から黒川氏の定年延長について対応は大丈夫かの問いに対し対応可ですとした責任又 黒川氏を推薦した責任について誰が責任を負うのか法務省は明確に出来るのか 今回の件は法務省並びに検察庁そして法執行に対してもの凄く大きな傷を負わせた 報道機関も同様で有り賭け麻雀報道の彼らだけの責任ではない!これは長年の慣行で有り引き継がれたもの そもそも黒川東京高検検事長の定年延長問題で何故に黒川氏に洪水のような取材攻勢を掛けなかったのか これが議員や芸能人だったら人格攻撃もいとわない波状攻撃であり日常茶飯事に起きています(苦笑)新聞に掲載された謝罪文は誰の文章だったのか?新聞やテレビなどの報道機関が負った傷も大きい・・・

 

 

にわかに浮上した九月入学問題 中国発新型コロナウイルスの影響で休校が長期化した対応策として急浮上し政府与党内が検討している この拙速な動きに対して異論を唱える 一部では九月入学が多い欧米諸国と入学時期を合わせると国際競争力が増す(全く意味不明 苦笑)・海外留学が増える(入学時期の問題ではないし 近年の留学生の減少は別次元のお話し)との主張ですが人材育成そして活用について教育現場(ICT教育の普及 教材などの充実 人材育成確保と処遇改善など)そして企業対応(中途採用者への処遇改善 企業内人材育成 研究者に対する処遇改善など)政府においては研究現場(大学・高校そして企業など)への支援制度改革などの課題解決などが重要で学校の入学時期を九月に変えたら解決みたいなお話しは如何なものでは 又報道の中で日本独特の慣例を変える事への抵抗感も透けてみえるという無用な解説を付記するのは余計な事で 抵抗勢力と改革勢力みたいな構図にする悪癖・議論の矮小化は改めるべきでは・・・

九月入学という一石を投じて頂いた事は大きいと思います この機会に様々な課題解決に向けて尚一層努めていかなければならない事が広く共通認識となれば推進力も増していきますから・・・

それでは


関連する記事

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

selected entries

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM