大重鎮の・・・

火曜日 12時〜司法制度調査会(犯罪被害者家族から意見聴取 現行制度が加害者偏重で被害者並びに家族寄り添っていないという指摘は立法府として真摯に受け止めなければならない)・・・18時〜経世会(旧竹下派)発足30周年記念する集いが開かれました 野中元幹事長をはじめ政界の大重鎮の方々が相集う 挨拶も厳しい叱咤激励が続く(都議選の後ですからね致し方ないですが)・・・

 

 

 

 

水曜日 9時〜障がい児者問題調査会(発達障害に対する政策展開について)〜国対室では週明けの月曜日に開催される連合審査(文科・内閣)についての打ち合わせがなどが・・・総理の外交日程は動かせない以上 総理隠しという指摘は?総理ご自身が発言なされているのですから通常国会において党首討論を実施しなかったのだから閉会中ではありますが党首討論も一つの機会では という指摘も・・・

 

 

 

中国からのコンテナより強毒の「ヒアリ」が国内初確認 貿易地拡大と共に危険な外来昆虫が日本へ 日本在来種にとっても人間にとっても脅威である 経済的利益の犠牲が拡大する・・・

それでは


Newsweek16(2017/07/11)の記事から・・・

『日本の相対的な安定や経済規模、健康度、社会に対する国民の満足度、安定した民主主義は、しっかりと記憶されるべきだ。世界が急速に瓦解している今、これは非常に貴重な財産なのだから。』(文中より)

<PDF>↓Newsweek 2017/07/11 P16 Asia/PERSCOPE

https://www.dropbox.com/sh/twj0zsy8ddlxubc/AABn4V2YG5DNoUL5XzceauPSa?dl=0

 



「日本絹の里」・・・

月曜日 早朝での激しい雨が一転して暑い一日「真夏日」 気分はやや落ち込み気味(朝のニュースは気分を落ち込ませますよね 苦笑) でも自分が担当した世田谷区選挙区の小松ダイスケさん見事に再選を果たす事が出来ました 候補者そして奥様やご家族&選対・後援会の皆さんの努力が実を結んで本当に良かった 小松都議の益々のご活躍を祈念申し上げます・・・

本日自分は終日ぐんまでの活動でしたが昼食で寄ったお蕎麦屋さんの女将さんから帰り際に「笹川さん元気出しなよ 悪い事ばかりじゃないから・・・」こういう時の暖かいお言葉本当に有り難いです・・・

 

 

 

 

群馬県立「日本絹の里」(蚕糸業資料館)において第39回企画展「能装束でみる群馬の能」が7月10日まで行われております 「日本絹の里」は日本絹産業を支えてきた群馬県の絹産業史が詰まった資料館でありますので 国宝・世界遺産「富岡製糸場」の見学前後にでも来館して頂き知識を付け加えて頂ければ「富岡製糸場」見学も更に良いものへと思うのですが・・・

それでは 

 


暑さを・・・

日曜日 梅雨の合間の真夏日 マジで「暑い!」の一言でありました(苦笑)・・・そんな暑さをものともせず!の子供達 東部少年野球大会の抽選会が行われ今夏大会の日程が確定する・・・熱い戦いの都議選 自民党歴史的大敗とても厳しい選挙結果(決して一人の失言が主因ではなく 含めて複合的な事が要因) 安倍政権にとっても打撃は小さくはない 地方選挙の結果は・・・という話しではない 安倍政権が反転攻勢をかける為にも結果を真摯に受け止め体制の一新を図る事が肝要ではないでしょうか・・・にしても地方自治の原理原則である二元代表制を無視した今都議選 地方議員経験者としては心中複雑であります・・・

それでは


人間のエゴ・・・

土曜日 都議選も最終盤 自民党は失言&不祥事などで苦戦 自分も連日都議選支援で動きましたが「国会議員が足を引っ張ってどうするのか」という厳しい言葉に何度・・・お願いなのかお詫びなのか分からない運動でした・・・ただ今回の運動を通じて東京の選挙が地方と大分勝手が違う事を学ぶ機会であった事は間違いはありません・・・それにしても地方自治は二元代表制だという前提が考慮されず対安倍政権という構図を描く報道機関の姿勢は自分が地方議員経験者とすればとても残念であります・・・

 

 

 

 

国会見学対応後「相模の海」という企画展が開催されている国立科学博物館へ 館内は親子連れそして意外にもカップル ふ〜ん て感じです・・・相模湾は世界的に珍しく約150年間渡り生物調査が行われて来ました それでも全容解明に至っておらず更なる調査研究が期待されております・・・館内の展示で「外来生物の脅威について」がありました 在来種に対する脅威であり外来種その原因の全てが人間のエゴ(食用・ペットなど)といっても過言ではない この連鎖は断ち切らなければならない時は来ているのではないでしょうか・・・

それでは


自衛隊

産経新聞「産経抄」(6月30日1面)

 

防衛省の「お子様」大臣 6月30日

時代小説作家の池波正太郎さんは当初、現代ものも書いていた。発足したばかりの航空自衛隊をテーマにした『自衛隊ジェット・パイロット』も、その一つである。

▼当時のパイロットは、器材も施設もすべてが不足する劣悪な環境で、訓練を強いられていた。夜間訓練の途中で殉職した部下の遺体をさすりながら、上司がつぶやく。「国民の強い批判を受けながら、足りない予算で我々は飛ばなきゃならん」。自衛隊の苦難はその後も続いた。

▼昨年2月、小紙の「談話室」で見つけた元自衛官の男性の投稿が記憶に残る。男性が防衛大学校の学生だった昭和50年代はまだ、自衛隊への世間の風当たりは厳しかった。制服姿で街を歩くと「税金泥棒」と罵声を浴びることもあった。ところが最近、防大生が一般市民と一緒に成人式に出席する光景を見て、隔世の感があるというのだ。

▼確かに、災害派遣や国際貢献活動によって、自衛隊への理解が深まった。何より万一の有事に備えて訓練に励む隊員に、国民は厚い信頼を寄せている。「確固とした安全保障戦略をもつ大人の国への第一歩だ」。平成19年1月、旧防衛庁が省への昇格を果たしたとき、コラムにこう書いた。

▼あれから10年、トップを務めているのは、「お子さま」のような政治家だった。「防衛省・自衛隊としてもお願いしたい」。都議選の自民党候補の応援で、耳を疑うような発言を行った稲田朋美防衛相である。

▼これまでも資質を疑うような行動がしばしば見られた。自衛隊の中立性に関わる今回の失言は、とりわけ罪が重い。撤回で済む問題ではない。逆風にさらされる自民候補は、頭を抱えている。もちろん、一番情けない思いをしているのは現場の自衛官である。


遺族の会・・・

水曜日 10時半〜前橋市において「平成29年度 群馬県遺族の会 研修大会」が開かれました 時間の経過とともに会員の高齢化そして戦争に対する意識の希薄化などの組織として抱える課題も年々大きくなってきます 私の地元では遺族会の皆さんが小学校などで戦争の悲惨さを伝える展示会などを開くなど積極的に啓蒙活動に努めています その活動については周囲から高い評価を得ております 戦争体験者が少なくなる中 特に家庭内において伝える事が容易ではない時代 外的活動の必要性は尚一層高まっているのではないでしょうか・・・

 

 

 

 

航空会社バニラ・エアは車いすの半身不随の男性を自力(腕力よって)でタラップを上がるという事態に追い込んだとの事 この様な非常識な事が現実日本の航空路線で起きた事は許し難い事であります 仮に社内内規で車いすごと担いだりなどの行為を禁止しているとすればその内規自体が信じ難い規則であり障がい者に対する人権侵害的行為である バニラ・エアは勿論であるが国交省も猛省すべきである・・・この件は朝日新聞が大きく取り上げました 記者や編集部の姿勢に敬意を表します・・・

それでは

 


都議選

火曜日

地元での会合を済ませ東京へ

都議選挙(世田谷選挙区)応援の為自民党公認

小松ダイスケ候補と合流し街頭演説〜歩行遊説を行い支持を訴えて来ました

正直一番良い反応は小学生の子供達かな

勿論有権者の方々からも激励は受けましたが子供達の笑顔、元気をもらうことができますよねーーー

それにしても二カ所目の駅頭では小松陣営を含めて4陣営が集合

さすが東京であります ビックリしましたーーー

それでは

 

 

 


予算要望

月曜日

東京において農業農村整備の集いという土地改良関係の全国大会が開かれ、

来年度予算に向けての動きが活発化いたします。

私の事務所にも来年度に向けて要望活動の皆さんが訪れていただきました。

こうして各種団体の方から要望、意見を聞くことも大事な勉強の時間だと思います。

それでは

 

 


レディース・・・

日曜日 朝の内には雨もやみ蒸し暑い一日となりました・・・9時より館林市城沼総合体育館において「レディース空手道東毛大会」が開かれました 女性選手のみの大会を開催するのは東毛地区そして群馬県内としても初めての事(もしかしたら全国初の可能性もあるのでは との事でした)であり 画期的&意義深い大会となりました・・・型の年少組決勝において勝者は小躍り 敗者は大泣きで親元へ なんと両者の親は隣同士でビデオ撮影&声援を送っており心中複雑なものがあった事でしょう 指導者は「あんな小さい時から勝負に対して熱い思いがあれば必ず伸びる選手なりますよ・・・」 明暗を分けた両者でしたが共に夢に向かって頑張って下さい・・・

今日も全国でそんな場面があったんでしょうね(微笑)・・・                                       

それでは

 



calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM