【東日本大震災 額賀東日本大震災復興加速化本部長 声明】

東日本大震災から7年を迎えて

 

平成30年3月11日

                                    自由民主党 東日本大震災復興加速化本部

本部長 額賀 道嶇

 

地震と津波で一万数千人の尊い生命を飲み込んだ未曾有の東日本大震災が発生してから7年の月日が経ちました。大震災の春に産まれた赤ちゃんも、小学生になっています。この間、わが党は、被災者の方々に寄り添う現場主義の視点と果敢な政治主導により、課題解決のための6次にわたる復興加速化の政策提言を行い、その実現方を政府に強く求めてきました。

この1年を振り返ってみますと、発災当時に47万人もいました避難者は、昨年12万人、今年は7万人と着実に減少し、この1年で、新たに5万人の方々が恒久住宅で新たな生活を始めることができたことになります。

ハード面の復興は、災害公営住宅建設、高台移転事業ともに9割以上が終了し、来春にはほぼ完了できる目途が立ちました。生活道路、河川、上下水道の整備も概ね終了し、残る復興道路・復興支援道路、海岸整備についても、復興・創生期間内に完了できるよう事業を急ぎます。

ソフト面では、避難生活の長期化に伴う心身のケア、生活再建の段階に応じたきめ細かな生活支援のほか、観光・一次産業の振興、水産加工品の販路開拓支援、人材確保等、生業やまちの賑わい再生に向けた支援を続けていきます。なかでも、仮設から本設を準備している事業者等の二重ローン対策として、未だ期待が大きい「株式会社東日本大震災事業者再生支援機構」の支援決定期限を平成32年度末までに延長する法改正を、今通常国会で行いました。

原子力事故があった福島においても、放射線の空間線量率は事故直後から7割減少し、帰還困難区域と大熊町、双葉町を除く避難指示区域の避難指示が昨春までにすべて解除され、復興事業が着実に進み、新年度には学校が再開されるまでになっています。さらに、帰還困難区域においても、双葉町、大熊町、浪江町、富岡町の「特定復興再生拠点区域復興再生計画」が認定され、除染や家屋解体等、具体的な事業が一部で始まっています。残る飯舘村、葛尾村においても、早期の計画策定を目指しています。

これらの地域の復興には、誰もが帰りたくなるような安心、安全で生活しやすい“ふるさと”を取り戻すため、病院・介護施設、教育機関、買い物や雇用環境の整備を進めるとともに、全国のすべての人々を対象に「風評払拭・リスクコミュニケーション強化戦略」を展開し、正しい知識と理解の普及にも努めなければなりません。

さらに、2020東京オリンピック・パラリンピック大会までには、身近な場所から除染土壌等の仮置場を失くすために、中間貯蔵施設の整備も急ぎます。

福島第一原子力発電所における廃炉・汚染水対策については、昨年9月に改訂した「中長期ロードマップ」に基づき、安全で着実な作業を進行させます。

また、これらを踏まえた福島の復興・再生は中長期的対応が不可欠であり、「復興・創生期間」後も継続して国が前面に立って取り組んでいくため、今後、政府内の体制も含めた具体的な検討を始めていきたいと考えています。

 

昨年逝去された、元復興副大臣で山古志村長だった長島忠美前衆議院議員は、「被災者にとって復興というのは、いつ、どんな形で家族と一緒に暮らせるのか、家族で仕事はできるのか、そして以前と同じ日常を取り戻せるのかという具体的な目標を示すことが、大きな希望であり、復興につながるのです。」と言っています。その決意と覚悟で、山古志村は新潟県中越地震から3年余りで「全員帰村」を実現しました。われわれも、この “長島魂”ともいうべき思いを大切にし、被災者の立場と現場主義の原点に立ち返って、東日本大震災からの「復興・創生」に向けて一層の加速化を図っていくことを誓いたいと思います。

 

そのうえで、改めてふたつの決意を表したいと考えます。

ひとつは、10年間の復興期間の期限である平成32年度末までにインフラ整備を終了させること。もうひとつは、「帰還困難区域については、たとえ長い年月を要するとしても、将来的に帰還困難区域の全てを避難指示解除し、復興・再生に責任を持って取り組むとの決意(福島復興再生基本方針)」のもと、新たな発想やあらゆる知見と政策を総動員して、結果を出していくことが重要です。

自由民主党と公明党は、政権与党として政府と一体となってこのふたつの目標を必ず実現してまいりたいと思っています。

 

またわが国は、東日本大震災後も、熊本地震、九州北部豪雨、さらに御嶽山や草津白根山の火山噴火など、大規模な災害が相次いで発生している災害大国であります。

国民の皆様の生命と財産を守るため、平時、有事の防災・減災対策を万全にするため、これまでも数次にわたり提言してきた緊急体制のあり方、たとえば「緊急事態管理庁(仮称)」の制度設計についても議論をしていきたいと思います。


【東日本大震災、原発事故 党声明】

東日本大震災、原発事故から7年を迎えて

党  声  明

 

 

 

平成30年3月11日

自由民主党 

 

本日、東日本大震災から7年を迎えました。亡くなられた方々に哀悼の意を表しますとともに、ご遺族の方々にお悔やみを申し上げます。また、被災された方々、いまなお避難生活を送っておられる方々に心よりお見舞いを申し上げます。

被災各地域では、着実に基盤整備が進んでいる一方、住民が戻り、かつてのようなにぎわいを取り戻すことができるのか、高齢化し、生活を再建できるのか、不安もまた増しています。改めて7年という月日の重さを痛感せざるを得ません。

地震による津波被害に加え、福島第一原発の重大事故が発生した福島県の方々は、いつ故郷に戻れるのか、いつ風評被害を払拭できるのか、困難と不安の中で日々懸命に生活しています。

自由民主党は、被災された方々、地域の現状を片時も忘れることなく、これまで、6次にわたる復興加速化の政策提言を行い、政府・与党一体となって復興に取り組んでまいりました。

これからも、大震災の教訓を決して風化させることなく、被災者の皆様に寄り添いながら、復興と東北の再生に全力を尽くしてまいります。

 

 


追悼式・・・

日曜日 地元での所用を済ませ東京へ 本日 東京国立劇場において秋篠宮同妃両殿下ご臨席の下「東日本大震災七周年追悼式」が行われ 安倍内閣総理大臣(式辞)以下各閣僚・副大臣・政務官 衆参両院議長・最高裁判所長官そして各国代表・衆参国会議員などが出席 被災地からは岩手・宮城・福島(三県よりご遺族代表のことば有り)県より遺族代表団が出席されました 改めて心より哀悼の意を表します・・・

それでは

 

 

 

 

 


寒暖の差・・・

土曜日 早朝の開会式 強い西風&曇り空で皆さん異口同音に「寒いね」確かに・・・表彰式の時は風も穏やかに&太陽もしっかりと顔出し めでたしめでたし(微笑)・・・

 

 

パラリンピックも開会致しました 日本勢メダル第一号は女子選手 日本選手団のご活躍を心からお祈り申し上げます・・・

 

 

 

午後から前橋で開催された叙勲祝賀会の会場を後にして今晩は旧知の皆さんとの交流会 とても良い雰囲気でした(微笑)皆さん異口同音に「国会大変だね」確かに・・・政府・財務省の今後の対応が注目されます(席上厳しいお話も) 合わせて国会では予算案・日切れ法案などの審議や大きな動きを見せた朝鮮半島情勢・大軍拡に突き進む中国そして変革時の農政・福祉医療分野・環境など様々な議論の積み重ねを求められており従前と変わらない国会対策では との指摘も 皆さんからじっくりとお話をお聞きする事が出来て良かった・・・

政治とお天気そして人間関係も寒暖の差にはご用心であります・・・

それでは

 

 

 

 

 

 

 


春の大嵐・・・

水曜日 8時(早朝の熊谷駅寒さ少しずつ和らぐ マフラー手袋姿の人達が減ってきました)〜児童養護議員連盟(施設など今後のあり方などについて)〜資源エネルギー戦略調査会(水力発電の活用について)〜IR制度検討PT(基本的に規制などの議論が先行しておりますが民間投資家の見方を軽視し過ぎではないでしょうか)〜武道振興議連 総会(高村会長から江渡新会長へバトンタッチ)〜社会資本整備勉強会〜来訪者対応など〜経済勉強会〜議連運営打ち合わせなど・・・

 

 

 

 

木曜日 8時〜厚労合同部会(働き方改革法案などについて 給与改善において地域最低賃金制度が足かせ 同一職場内待遇改善という観点からも最低賃金制度の問題点 検証すべきではないでしょうか)〜環境省レク

〜国会見学対応

 

〜経済勉強会

〜参院環境委員会(大臣所信などを行う 日本維新の会以外の野党は欠席) 本日の本会議は流れる〜経済勉強会など〜議員間交流会・・・

 

 

 

 

金曜日 昨晩から朝方まで嵐 宿舎の窓枠もガタガタと まさに「春の大嵐」(政界も財務省絡みの大嵐 朝鮮半島もある意味大嵐 共に具体的な物が必要 その前提が無いのに一部報道機関は大見出し) 8時〜外交調査会(講師より国際情勢分析が披露された)〜国対正副委員長会議 〜来訪者対応など〜 13時〜本会議(残念ながら日本維新の会以外欠席 財務省の件が全体に波及する問題なのか見方は分かれます)

〜環境省主催「JCM二国間クレジットセミナー」へ

 

 

〜環境省レク〜来訪者対応(象牙取引などについて 一つの価値観を押しつけるのは如何なものか 先ず大事な事は相手国の諸事情を理解する事では)〜環境大臣訓示(3月11日東日本大震災発生に思いを寄せて)〜」地元へ(会合出席のため)・・・

それでは

 

 


影響が・・・

月曜日 地元での日程をこなし東京へ 15時〜JETROレク(群馬県内での活動について)〜内閣府レク(障がい者政策について)〜来訪者対応〜環境省レク〜議員間交流会・・・

 

 

 

 

火曜日 8時過ぎ委員会答弁レク〜8時50分 環境委員会理事会 9〜環境委員会(大臣所信などに対する一般質疑 自分委員会答弁あり)〜12時10分 環境委員会理事会(公害健康被害補償法の趣旨説明&質疑日程まで合意をしていましたが財務省作成文章の件で参院質疑停止の影響が衆院に押し寄せる 趣旨説明などの日程が不透明になる) 13時〜14時20分 環境委員会(一般質疑は与野党合意のままに〜本省に戻り 環境省永年勤続表彰式に臨む 20年30年表彰を行う 表彰を受けられた皆様に改めて心から敬意を表します〜地元へ(会合に出席のため)・・・

 

 

 

 

中国の国防予算伸び率について大きく取り上げないのは何かの忖度ですかね 防衛予算については辛口の指摘なのに・・・いずれにしても軍拡傾向の最大要因は中国の意味のない軍備拡張路線 そして北朝鮮の軍拡路線 速やかに核兵器&ミサイル兵器の破棄をすべき 韓国も対北朝鮮以上の軍備増強路線は見直すべきでは・・・

それでは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


公園・・・

日曜日 昼時分の公園 親子連れの人たちで一杯でした 都市計画上設置された公園ですが企画の段階で多くの立場の皆さんの意見を取り入れて建設された事が人気の要因なんでしょうね 特に今日も好天気(花粉症の自分にとっては・・・日中頭が重かった)という事もあって外遊び 子供たち元気いっぱい!であります(微笑)・・・たまたま春の祭典の場所が公園の隣地にある神社&集会場でしたので自然と公園の風景が 本当に春を大いに感じさせるひと時でした・・・

 

 

 

 

夜は元市議会議員の方の叙勲祝賀会 にしても大勢の皆さんが駆け付けていました やはり議員を引退後も地域福祉や学童野球そしてバレーボール振興などに尽力をしておられるのでその関係者の皆さんも大勢出席をしていました これからも健康にご留意されて益々のご活躍を改めて心からお祈り申し上げます 誠におめでとうございました・・・

 

 

 

 

地方議会の人材難解消為に兼業規定の緩和は?という記事がありましたが 自分は公務員も定年延長の方向で進んでいるので是非 省や県の管理職員が郷里などの市町村議会議員を兼ねて活躍が出来る環境を と思っているのですが勿論無給(必要経費は別ですが)ですが・・・

それでは


花粉症・・・

土曜日 春を思わせる好天でしたね(微笑) 移動中車窓を開けて丁度良い感じでした・・・それだけならいいのですが自分は花粉症ですの春先暖かくなると容易じゃなくなります(頭は重いし 目はしょぼしょぼ 鼻は詰まり気味 トホホであります 苦笑1) 全国のアレルギーでお悩みの皆さん症状に負けずに頑張りましょう・・・とは言っても今日のご葬儀完落ち寸前でした(苦笑2)・・・今晩二会場の幹事さん大変お疲れ様でした 幹事さんは最初から最後まで気を使いますよね 有り難うございました・・・

 

 

 

帰宅したら丁度「わろうてんか」の時間 跡取り&一人息子 周囲の声そして母親の気持ちを振り切って好きな女性と家を飛び出る う〜ん我が家なら・・・空恐ろしいお話であります て思うのは時代錯誤なのでしょうか?15分間目頭が・・・

それでは


店開き・・・

水曜日 地元での所用を済ませ東京へ 打ち合わせ・来訪者対応など〜サイバーセキュリティー対策本部(社会インフラ分野における対策などについて)〜代議士会〜18時〜本会議(今年度予算案などについて採決を行う 終了時間は23時を超過する 正直誰にも評価されない(苦笑)・・・国会の働き方改革も喫緊の課題 本会議中職員の一人が気分を悪くし議場を後にする 国会だって議員以外の皆さんに支えられているから動かす事が出来るのだから・・・)・・・

 

 

 

 

木曜日 8時〜農林合同会議(土地改良法などについて)〜総務合同会議(市長会などからの行政改革などの要望について)〜環境省レク〜厚労省打ち合わ(地元要望などについて)〜議連運営打ち合わせ〜法務省レク(外国人労働者制度について)〜環境委員会与党理事打ち合わせ〜環境委員会理事懇(明日の委員会開催について合意 いよいよ環境委員会店開きであります)〜経済社会構造勉強会〜議員交流会・・・

 

 

 

 

金曜日 9時〜待矢場両堰土地改良区通常総代会(早朝の熊谷駅に降りるのはスーツ姿ばかりなり ガーラ湯沢行きというのもあるのでしょうが車中に残る大半がスキー・スノボー愛好者 怪我などに気を付けて楽しんで下さい)〜東京へ 12時10分〜環境委員会理事会〜環境委員会(大臣所信など)〜特命委員会う運営などの打ち合わせ〜地元へ(会合出席の為)・・・

それでは

 


全国ユース環境活動発表大会

先日参加しました全国ユース環境活動発表大会が産経新聞で大きく取り上げられました。

記事を紹介します。

 

産経新聞平成30年2月28日(水曜日)6面オピニオン

『ソロモンの頭巾』高校生の研究・環境保全や地域産業振興も

 

http://pub.idisk-just.com/fview/VadYwXtpOFV5VR41te_jXkyVeyyDCao27lSLos6V_tg4ZyJSrq4sEFVH4JGERWleSQadp_g5dGanOkVR3LrgpIV0sDTf-JbVLrCtGfJ9Rd-HPAbM43KPpDGRPNlYy9vaQb6YpZCcWCs

 



calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM