伝聞の伝聞<産経新聞>

加計問題【参考記事(2)】<5月23日産経新聞>

 

加戸守行前愛媛県知事「新文書は連絡・報告用のメモで、伝聞の伝聞」


愛媛県から新たに文書が出たが、これもメモです。県庁職員は何でもメモして記録をとる。まじめといえばまじめ。ただ、公文書でなく、連絡、報告用のメモだ。要するに加計学園側が今治市に話したことを県が今治市から聞いて、メモにしている。漫画みたいな話で、伝言ゲームだ。

(平成27年2月25日に安倍晋三首相と学園の加計孝太郎理事長が面談したことは)首相も否定した。首相は理事長と会う時間はないと思う。首相官邸で会えば首相日程に出る。官邸以外ならホテルで密会だが、それはないだろう。だから、2月25日に会ったという話は学園側の作り話か、想像をつなげてああいう話になったのではないか。信憑性は疑わしい。

愛媛県の中村時広知事は県内の自民党主流派と衝突している状態だ。(文書の公開には)そういうこともバックグラウンドにあったのかもしれない。ただ、伝聞の伝聞の話を参院に出してどうするのか。聞いた話をメモにして外に出すなんて、常識ではありえない。

メモはあらゆるものをきちょうめんにとるから、当たらずといえども遠からずのものだ。今度の場合は、首相に会ったら好反応だったと聞いたら、県にとってビッグニュースだから、それは書き立てる。あくまで私の推理だが、首相がきっぱり否定したのだから学園側の作り話だったと思う。

岡山理科大獣医学部は首相の忖度のかけらもなく国家戦略特区を突破してできた。私学の獣医師らが日本獣医師会の意向を受けて、県をたたいてきたにもかかわらずだ。

それにしても、獣医師会に一切メスを入れないというのは、不思議な国会だ。徹底的な「悪」は、既得権益を死守するために獣医学部の新設をつぶしてきた獣医師会なのだが。(談)

 


伝聞を信じるのか・・・(産経新聞)

加計問題【参考記事(1)】<5月23日産経新聞>

 

【産経新聞5月23日朝刊3面】
首相発言より伝聞信じるのか 「獣医大いいね」石破4条件と矛盾

「まるで『伝言ゲーム』みたいだ…」

政府高官は22日、加計学園による獣医学部新設をめぐる愛媛県の新文書について、こう突き放した。公明党の山口那津男代表も記者会見で「また聞きのまた聞きというような伝聞を重ねている要素もある」と指摘する。首相も学園側も、文書にある平成27年2月25日の安倍晋三首相と学園の加計孝太郎理事長の面談を否定している。

事実はどこにあるのか。文書は次のように記す。

「2/25に理事長が首相と面談(15分程度)。理事長から、獣医師養成系大学空白地帯の四国の今治市に設置予定の獣医学部では、国際水準の獣医学教育を目指すことなどを説明。首相からは『そういう新しい獣医大学の考えはいいね。』とのコメントあり」

学園のどんな立場の誰が県側に伝えたのか明記されておらず加計氏から何人経由した情報かも不明だ。文書内容と矛盾する材料も出ている。

菅義偉官房長官によると、当日の首相官邸の入邸記録は廃棄されている。ただ、報道各社が官邸への来客を記録する「首相動静」欄(産経新聞では「安倍日誌」)の当日分に、加計氏の名前はない。


首相と野党幹部がホテルで密会するなど、首相動静に載らない場合はある。とはいえ、首相と加計氏はゴルフをともにする映像などが表に出ており、獣医学部新設が何ら問題になっていなかった当時、ことさら会うことを隠す必要はない。

文書には「3月4日には、同学園と今治市長が面会し、ほぼ同内容の説明があった」ともある。仮に首相動静に載せられない極秘面談があったとして、それを県や今治市に簡単に暴露するのも不自然だ。また、「報告」などとされる文書には作成した日付はなく、首相のコメント部分の字体が異なるという指摘もあり、文書自体への疑問点も少なくない。

共産党の小池晃書記局長は21日、国会内で記者団にこう指摘した。

「首相の進退に関わる重大な文書だ。出発点はまさに2月25日の会談だ。首相が『いいね』と答えたことで、全ての話が始まった」

だが、それなら約4カ月後の27年6月30日に、安倍内閣はなぜ獣医学部新設に関わる厳しい4条件を閣議決定したのか。当時、国家戦略特区担当だった石破茂地方創生担当相の名前を取って「石破4条件」と呼ばれている。


石破氏は、獣医学部新設に反対する日本獣医師会の関連政治団体から100万円の政治献金を受け、獣医師会幹部の北村直人元衆院議員からたびたび相談を受けていた。27年9月10日の獣医師会の会議録によると、北村氏は石破氏がこう述べたと紹介している。

「誰がどのような形でも現実的に参入は困難という文言にした」

言葉通りなら、仮に首相が加計氏に「いいね」と述べていても、何ら影響力を持たなかったことになる。

石破氏は発言を否定するが、首相発言よりも伝聞記録を信用する野党や一部メディアは、石破氏の否定と実在する会議録のどちらを信じるのか。

(沢田大典)


ピッタリ・・・

火曜日    朝、地元での日程をこなし東京へ

              11時〜「全国賃貸住宅経営者協会連合会 設立50周年記念式典」(空き家対策

そして地域活性など益々のご活躍をご期待申し上げます。)

 

 

〜産業・資源循環議連総会(資源の再利用率を高め、循環型社会へ)〜厚労省レク(医療保険などについて)

代議士会〜13時から本会議(茂木大臣不信任決議案趣旨弁明の1時間そしてIR法案質疑での野党質問、気持ちは理解は出来ますが本題に入る前に加計問題などに

あれだけ多くの時間をかけるというのは、やはり違和感を感じました)が開会し

終了は17時半。「お疲れ様でした」という言葉がピッタリの本会議でした

(衆議院TVより)

 

〜本散後、自衛官支援議連総会(隊舎、女性隊員、家族支援など防衛省も固い法をより柔軟にして対応を)

〜議員励ます会など・・・

それでは


スムーズに・・・

月曜日 本日は久方振りに終日地元での活動でした(「今日は国会大丈夫なの?」は合言葉の様でありますが・・・)お陰様で夜の会合もスムーズにこなす事も出来ましたが明日以降の国会日程を考えると・・・夜の会合で次の会場に移動中に加計問題について愛媛県文章の報道が・・・国会は爆弾低気圧発生!大荒れ模様!緊張度は増すばかり!(13時以降は禁足となっております)・・・よって環境省 気候変動適応法案は明日の本会議で採決の予定ですが何時頃になるのかは不透明な状況 う〜ん・・・

 

 

 

 

テレビ朝日2014〜2017年までに少なくとも三回も労働基準監督署から是正勧告を受ける 他者の批判の前に足下からの典型例でもありますが報道機関の働き方改革の必要性も高まる?・・・どの職場についても環境の変化を真摯に受け止めなければ と自己反省も含めてであります・・・

それでは


草加市そうか公園・・・

金曜日 8時半〜環境省答弁レク〜9時20分〜環境委員会理事会〜9時半〜環境委員会(提出法案「気候変動適応法案」締め括り質疑を行い採決へ 各党会派の皆様にご理解を頂き無事に賛成総員(付帯決議有り)で可決をして頂く 有り難うございました)・・・

午後は本会議〜環境省レクを行った後地元へ(会合に出席のため)・・・

 

 

 

週末良い陽気でしたね・・・全日本空手道連盟理事会(東京五輪に向けて様々な対応を積み重ねている事が改めて確認をする事が出来ました)に出席をする また日曜日は埼玉県草加市そうか公園修景池にてテレビ東京「池の水を抜く大作戦」の収録が(昨年12月に行われて以来2度目 前回行われなかった池半分のかい掘りを実施)が行われ前回に続いて環境省チームを編成し参加をさせて頂きました 前回は冬期12月の収録という事もあり環境省として「生態系被害防止外来種」において緊急対策外来種に位置付けている「アカミミガメ」の捕獲が少数でしたが今回はこの陽気でありますので捕獲数に期待大でありました 10時から行われたかい掘りでは多数のアカミミガメや他の外来種を捕獲(合わせて在来種の保護も)する事が出来ました 多くの関係者の皆さんのご尽力に感謝の意を表します(田中草加市長を先頭に市役所そして地元の有志の皆さんの頑張りに大拍手であります)・・・環境省チーム「アカミミガメ」の捕獲は勿論ですが準絶滅危惧種でもある「イシガメ」の保護する事が出来ました にしてもヘドロの中にいる「アカミミガメ」を足の感覚だけで複数捕獲した亀ハンターがチーム内いた事は驚きでした・・・皆さまペット(特に外来種)について最後(捨てない)までの適正な飼育を心よりお願い致します・・・

それでは

 


シベリア抑留展・・・

木曜日午前中、環境省内においてのレク等日程後、新宿区にある平和祈念展示資料館

(新宿住友ビル33F 休館日は月曜日 9時半〜17時半 入館は無料です)に出かけて来ました。

同館は戦後の兵士・抑留者などの海外引揚者の厳しい体験などを語り継ぐ為のもので貴重な多くの資料が展示されております。

又、今日は企画展示として「魂のモノ語り・シベリア抑留展」(6月3日まで)が行われております。

http://www.heiwakinen.jp/event_insite/20180118-2152.html

 

西城秀樹さん死去、自分にとっては「寺内貫太郎一家」忘れられません。良いドラマでした。どうぞ安らかにお眠り下さい、お疲れ様でした。

それでは

 


容易じゃない・・・

5月に真夏日同様の暑さでは容易じゃないですよね(ビールが旨い!)

本来の5月の陽気とは開きがありますから皆さん体調管理にお気を付けて下さい。

 

火曜日

8時〜医療政策研究会(医師会、厚労省などから説明を受ける)〜

9時〜環境省レク(答弁レク)9時50分〜環境委員会理事会 10時〜環境委員会(参考人質疑)〜12時〜環境委員会理事会(18日委員会・採決の方向性を確認)代議士会〜13時〜本会議(事案趣旨説明など〜14時)本散後〜環境委員会(〜16時30分)〜議員間交流会

 

水曜日    環境省レク後に中央環境審議会第25回総会に出席をする。

同審議会、様々な専門家・有識者で構成されており日本の環境行政にとって大きな存在であり、

その重要性は益々高まっております。

 

それでは


万座しぜん情報館・・・

土曜日 早朝地元の日程を済ませ万座へ向かう 13時20分〜「万座しぜん情報館」開館式に出席をする 地元では白根連山の噴火の影響も懸念されている中での開館でもありますので 開館した情報館が地元の皆さんを勇気付けそして地域経済の活性化にもつながる役割を果たすことを期待しています 就任した館長さんはとてもアイデアマン&情熱家でありますので地元の皆さんと連携の上で 思う存分手腕を発揮して頂きたいと思います〜国立公園内施設など視察後意見交換会に出席をする・・・

 

 

日曜日 朝一番で「鬼押出園」へ(実は同園は国立公園内なのです 鎮魂そして山の神への祈り 同園は当時の噴火の凄まじさを今に伝える 自然に対する畏敬の念は常に忘れてはならないですね)〜福島へ 14時〜土湯温泉バイナリー発電所(地熱発電 また温水を活用しテナガエビの養殖にも挑戦 電力と養殖で地域活性化に挑む)視察〜視察後地元関係者の皆さんと意見交換会(皆さん情熱の塊みたいな方ばかりですので予定時間を大分超過でありました)〜福島環境再生プラザ(同プラザの展示内容について説明を受ける)〜福島地方環境事務所(除染作業などについて説明を受ける)・・・

 

 

月曜日 10時〜青森県十和田市「株式会社 日本の窓」工場視察(国産材を活用し窓枠を受注生産 木製窓枠についてエネルギー効率そして耐火性能も優れており今後の普及拡大が期待されております)〜種差海岸=三陸復興国立公園(植生の維持なども課題であります)〜地元へ(会合に出席のため)・・・

 

 

それでは

 


こんな日・・・

金曜日 8時半〜環境省答弁レクなど〜9時20分環境委員会理事会〜同30分

 

 

〜環境委員会(提出法案に対する質疑 答弁あり 〜12時)

<今回の環境委員会は議事堂本館第3委員室で開催されました。

別館とずいぶんと趣が違います>

〜来訪者対応〜代議士会 13時〜本会議(提出法案質疑 〜14時半)

〜環境合同会議(議員立法法案について)〜環境省レク〜意見交換会の後地元へ・・・

 

田中角栄氏 現役の頃は様々な悪名などで厳しい指摘にさらされていたが今は美談のてんこ盛り・・・披露宴で普通に語られてきた事も今は言語道断 時代と共に移ろいゆく価値観・・・いよいよ米朝首脳会談へそして92歳引退していた老政治家見事選挙で勝利し首相へ「こんな日が来るとは」 国際社会の動きはダイナミックであります・・・日中韓三カ国思惑も求める国益も大きく違うのにもかかわらず大枠での合意について評価はすべきである 「日本は蚊帳の外」という批判には違和感を感じますね・・・

それでは


寒いな・・・

水曜日 早朝の熊谷駅「なんか寒いな」と つぶやく感じでした・・・

8時〜環境合同会議(環境白書などについて 熱心なご討議に感謝であります)

〜国交省レク(県内道路整備などについて)

 

 

〜来訪者対応など 

13時20分〜環境省関連勲章伝達式(叙勲に栄誉に輝いた皆様のご尽力に改めて敬意を表し感謝申し上げます)など

〜経済勉強会〜異業種交流会・・・

 

 

木曜日 8時〜人生100年時代戦略本部(社会保障制度について 高齢者の概念を変える時代に突入であります)

〜農林合同会議(中国への米輸出拡大策について 本丸は福島原発事故に絡みの不当な輸出禁止措置の撤回であります)

〜地方自治勉強会

〜環境省レク〜県庁執行部による産業振興策レク

〜代議士会 13時〜本会議(卸売市場法改正について 〜14時半)

本散後〜環境委員会与党理事懇〜理事懇談会(審議日程について建設的なやりとりでホッとしました)

 

〜ジビエ議連総会(シカ・イノシシ解体などについて新認証制度導入などについて

http://www.maff.go.jp/tokai/shohi/seikatsu/iken/attach/pdf/20180215-8.pdf

http://www.maff.go.jp/j/pr/aff/1512/spe1_05.html

 

 

 福島原発絡みの規制措置も見直しの段階ではないでしょうか との指摘も)〜地元へ(会合に出席のため

 今晩多くの皆さまの前でお話をする機会を与えて頂きまして 改めて関係者の皆様に心から感謝申し上げます 有り難うございました)・・・

それでは



calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM